フェルガードによってうつ病も防ぐことができる?

年齢を重ねてゆくうちに、記憶力や集中力の低下が気になってきますね。認知症と診断されることも多いでしょう。

仕方がないことと言えばそれまでなのですが、その進行に歯止めをかけてくれるサプリメントもありますよ。

 

それは、フェルガード。

フェルガードは、認知症を治すものではありませんが、その症状を緩和する効果があるのです。

 

フェルガードを使って、上記のような症状が和らいでくれば、うれしいことですよね。

 

でも、フェルガードで認知症の進行を抑えるということには、もう一つ利点があるのです。

それは、認知症によって引き起こされがちなうつ病についても、回避できそうだということ。

 

うつ病が起こる原因には、様々なものがあります。

例えば、大きな変化が要因となってうつ病が引き起こされるというケース。

伴侶や子どもが亡くなった、あるいは離れて暮らすようになった、引っ越しや転職によって環境が大きく変わったなど、いろいろな変化が挙げられます。

 

このような場合は、抗うつ剤が処方され、同時にカウンセリングなどの心理的手段による治療が行われることが多いようです。

 

こうしたケースのうつ病は、だれにでも起こりうるものです。

ですが、多くの場合、時の流れとともにショックが和らぎ、うつ病の症状は落ち着いていくようです。

 

また、ある一つの出来事によらず、決まった周期でうつ症状が現れるというケースもあります。

本人にも自覚できる症状である場合が多く、このケースでは抗うつ剤が効果的に使われるようです。

 

そして、うつ病が認知症によって引き起こされるというケース。

これも、少なからず表れるケースです。

 

物忘れがひどくなったり、物事を効率よくこなしていくことができなくなってくると、どうしてこうなんだろうと、自分を責めてしまいがちになります。これが続くとうつ病という形で症状が表れてくることがあるのです。

 

認知症によって、深刻なうつ病が引き起こされる前に、フェルガードで認知症の症状の進行をストップできれば、自分も周りも苦しまずに、明るく人生を過ごすことができるかもしれませんね。